ボローニャソーセージについて

本物を知る前に判断しない

naturalwinetuscanyさんのランブルスコに関する投稿に食いつきまして、暖かいコメントバックをいただきました。

イタリアの、特にボローニャの食文化に関することは止まらなくなってしまいそうなので記事にしようと考えました。

ボローニャって日本人にはあまり馴染みが深くないですよね。

トスカーナは有名でも、エミリアロマーニャは知らない。

私は25年近く前にある設備を欧州内で調達することになって、ドイツとイタリアの機械メーカー数社を探し当てて実際に見学に行きました。

ドイツはミュンヘン、ブレーメン、元東ドイツのドレスデン、そしてボローニャの設備メーカーを訪れました。

当時はインターネットの走りの頃で、情報取りが難しい時代でした。

イタリアの機械を期待すらしていなかったのです

ランチアの車を買った同僚がいつも壊れると言って嘆いていました。

極め付けは新車で受け取った時、パワーウインドウの閉まるを押すと開いて、開くを押すと閉まる。

欧州でパワーウインドウはメジャーではなかったけれど、流石にイタリアへの不信感が募ってもいたのです。

欧州の人は『イタリア車はいい車だよ。1年落ちの中古で買うのがベストだね。初期不良が治っているからね』って言ってました。

でも、結果的にはボローニャの会社を選びました、

タクト送りと言って毎回毎回送っては止めて仕事をしてまた送る機械なのですが、この手の機械で最も重要なのがF、すなわちforceです。

F=ma

って、物理で学びませんでしたか?

物を止めて動かすとき、スピードゼロから最高速度に至るまで加速をします。

その加速と質量(動かすもの全ての質量)を掛け合わせたものがFになります。

Fが小さければ小さいほど機械や製品に与える負荷は少なくてすみます。

飛行機に乗った時を想像してください。

離陸の時に感じる負荷は大きいですよね。

速度なんて200km/時台です。

でも上空に上がってしまうと時速800km/時以上で飛んでいるのに負荷を感じません。

人間が感じる負荷は速度ではなく加速度だからなんです。

その加速度を巧みに抑えて、しかも動かすユニットの剛性を保ったまま軽量化を徹底していたのがボローニャのメーカーでした。

その差は歴然で、この世界でそれなりのポジションで仕事をしてきた自負があった(自信過剰でしたが)私にとって大きなショックでした。

イタリアのイメージが覆された後、この会社の社長様が私をランチに誘ってくれて、ご馳走になったのが『トルッテリーニアラパンナ白トリュフ添え』でした。

手打ちのパスタを食べたのが人生初めてだったのに、そこに白トリュフがスライスされてふんだんに散りばめられていました。

パルミジャーノリッジャーノチーズをこれでもかと擦りおろしてくれて天国極まりない世界。

『もう少しボローニャのグルメを堪能してくれ!!』と、もう一皿頼んでくれたのがタリアテーレコンフンギポルチーニでした。

手打ちのタリアテーレのポルチーニ添えです。

機械のレベルもパスタのレベルも完敗状態で、イタリアびいき(ボローニャびいき)になった瞬間でした。

cocoparisienneによるPixabayからの画像

naturalwinetuscanyさんのランブルスコに関する投稿を読んで、ボローニャでの幸せな日々が甦ってきました。

日本で飲むランブルスコは安い発泡赤ワインですよね。

ボローニャで飲むそれは別物です。

地域独特のソーセージである『モルタデッラ』のダイスカットをつまみに飲むのが一般的です。

これが本当においしい。

ヨムーノというブログで業務スーパーのボローニャソーセージがリポートされていて、スパムみたいだと。

そしてかなり塩辛いと書いてありました。

こんな質の悪いモルタデッラ(日本ではボローニャソーセージと呼びます)がマーケットに氾濫すると、ボローニャのイメージまで悪くなってしまいます。

本当に残念です。

本場のモルタデッラは全く塩辛くないですし、スパムとは似て非なる高貴な珍味です。

本場のランブルスコと本場のモルタデッラのマリアージュ体験するまでは、是非悪く思わないでいただきたいです。

そこにパルミジャーノリッジャーノチーズが加わると完璧です。

業務スーパーのそれは三流品でしょうし、スーパーで売っている安いランブルスコもボローニャで飲む至福のそれとは違います。

ヨムーノさんのレポートは的確で心地よいです。

業務スーパーのステマではないことがはっきりとわかるからです。

こちらはヨムーノさんのページです。

https://www.o-uccino.jp/article/posts/65437

例えば『本場インドから輸入したスパイス!!』なんてコピーで売られていたら期待しますよね。

でもそれがインドのマーケットでも評判の悪い粗悪品だったら?

流通が発達して何でも手に入る世の中ですが、その土地に行ってその土地の空気と気候の中で評判のよい食べ方をするのが最高なのでしょう。

コロナ危機はそんな当たり前の事を再認識させてくれています。

サンジョベーゼ

サンジョベーゼをご存知でしょうか?

イタリア固有の葡萄です。

これはエミリアロマーニャ州のものではありませんが、お隣のトスカーナ州を中心にこのサンジョベーゼを原料にしたおいしいワインが作られています。

あまりにも有名なイタリアワインであるキャンティもサンジョベーゼベースです。

naturalwinetuscanyさんから頂いたコメントには、初めの頃はサンジョベーゼに関して???だったと書かれていました。

私も同じでした。

薄いし個性がないし…。

ピノノワールに抱いた入門時のイメージみたいでした。

ボローニャにある設備メーカーの社長様に本物のサンジョベーゼを体験させて頂く度に好きになってゆきました。

ピノノワールもサンジョベーゼも、以前書いたネロダヴォラも美味しくないワインが出回りすぎていて、マイナスイメージを抱く人が多いんです。

ピノノワールの代表作はジュブレ・シャンベルタン村のロマネコンティ、サンジョベーゼの代表作はブルネッロ・ディ・モンタルチーノです。

どちらも偽物が出回るほどの最高級ワイン。

サンジョベーゼにも色々あって、サンジョベーゼピッコロ(ピッコロはイタリア語で小さいという意味)で作られる安価なワインはピノノワールのようなルビー色で酸味の強いものができますが、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノはタンニン豊富な重厚なワインです。

近年では、サンジョベーゼをブレンドに使って高レベルのワインを作る生産者も増えてきました。

是非味わっていただきたいです。

可能であればイタリアの気候の中で。

話は変わりますが新しいロゴを3Dで作っていて、ワインを入れてみようと思い立って作ってみましたが怪しいインチキ液にしか見えませんね🙃

人生の化学反応!!をテーマに書いているのですが、何かいいアイデアありませんか?

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑