仕事で海外に出ます

2020年の2月(武漢では既に大変な事になっていました)にインドネシアに行ってから1年半の間、国際線どころか飛行機に乗っていませんでした。

出来れば行きたくはないのですが、そこはビジネスですからリスク対効果。

でも、リスクという意味では国際線の空港が一番安全だと思います。

搭乗者は全員2回のワクチン接種を完了していて、3日以内のPCR陰性証明書を持っている。

空港自体がガラガラですし、成田エクスプレスもガラガラでした。

ラウンジなんて料理の注文さえ非接触です。

ラウンジ専用アプリで席のバーコードを読み取ってから注文します

お土産屋さんもレストランも殆ど閉店中。

要するに人がいない訳です。

移動しないのが最大のリスクヘッジですが、どんなにICTを駆使しても現時点では移動をゼロにはできません。

ならば、いかにリスクを避けて移動するか!

今のところ、全く危険を感じていません。

JALのスタッフ、相変わらずのホスピタリティで接して頂いています。

弛まぬ努力に感謝しつつ、近い将来の航空業界の繁栄を祈るばかりなのです。

離陸前に仕事のトラブルでアップできず。

気がつけばPCR結果待ち中です。

郷に入っては郷に従え。

ケセラセラ

あ、ここはジャカルタのスカルノハッタ国際空港です。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑