麦だらけの生活だったのね

こんにちは、パッチングワーカーです。

妻がリーキーガット症候群であったことがわかって、我が家は(私がです)プチパニック。

Petite panique

フランス語って日本人には馴染みが薄いから読めないんですよね。

ペタイトパニクーですか?

今でこそ少しは日本で走っていますけど、1991年にヨーロッパに赴任した当時はほぼ皆無だったルノー。

Renault

リナルトっていう車が走っている!!

真剣にそう思っていました。

そこいらじゅうで

『セボン!!!』

って聞こえてくる。

あのトイレの芳香剤って有名なんだな〜。

C’est bon

美味しいとか良いですの意味なんですけど、知らないって本当に恐ろしい。

あ、話が逸れすぎました。

プチパニックの理由は麦です。

ここまで日本人の食生活に侵食していたとは天晴れですな?

ジョコビッチ選手が書いた

『生まれ変わる食事』

は発売当時にしっかり読んだのですが、

まさか妻がそうであるとは夢にも思わず、心の中で流し読みしていました。

調味料

調味料が総崩れでしたよー。

手抜きの時に思わず使ってしまっていた味覇(ウェイパー)。

店をやっていた時は生ハムの骨で濃厚な出汁が取れたので、この出汁と野菜(セロリ、玉ねぎ、にんじん)で取ったブイヨンを混ぜて最高の洋風出汁になっていたのですが、さすがに家庭では無理!!

そんなわけで罪悪感を持ちながらも

『素材の持ち味を引き出すためにほんの少しだけ』

って言い訳をして使っていたのですが

NG!!

小麦使ってます。

ちなみにNGってノーグッドの事ですが、日本でしか通じませんからね😂

豆知識でした。

中華系調味料は豆板醤も甜麺醤も豆豉醬も駄目でした。

味噌は麦を使っていないものがそれなりにあるので変更!!

妻が九州出身なのでフンドーキンとかチョーコーとかを使っていたのですが、九州は麦文化ですから全部駄目でした。

醤油で麦を使っていないものはOKストアでは見つけられませんでした。

ってことは、醤油を使っている白出汁、麺つゆは総崩れって事です。

カレールーも小麦を使っているし、参りました!!

先ずはグルテンフリーの醤油を取り寄せました。

昆布と鰹節で出汁を取って冷蔵庫に保管して、お蕎麦屋レベルの自然の味を作るしかないわけです。

(お蕎麦屋さん御免なさい。味のレベルは到底及びません)

頑張ります。

紛らわしい

我が家では常に黒豆茶が冷蔵庫に鎮座しております。

デートから帰った娘が冷蔵庫から黒豆茶を取り出して

『おえー』

『なんで出汁が?』

気づきませんでした。

御免なさい!!

こりゃわからんわ🤗

気合い入れすぎると長続きしないから、手抜きできることはする!!

味覇の代わりになる小麦を使っていない味玉(ウェイユー)発見。

グルテンフリーの醤油も味は問題ないです。

カレーも全然行ける。

インド産チリパウダーをほんの少し足すとかなり本格的な味になりました。

本格的な欧風カレーですよ。

グルテンフリー入門編でした。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑