脱肉弁当

大豆ミート

脱肉を始めた頃は物足りなくて参りました。

『大豆ミート』とか『フェイクミート』を食べるくらいなら肉を食えばいいじゃん!!

って思っていました。

でも食べたくなるんですよ。

肉が。

フェイクミートで代替です。

やっぱりフェイクミートは大切です。

ならば極めるしかないっしょ。

実際のところ、知識を持たないで大豆ミートを調理すると『肉の形をした豆腐』にしかなりませんでした。

始めてすぐに脱肉弁当をアップしていくつもりだったのですが、全然美味しそうでも美味しくもなかったのでやめていました。

石の上にも3週間!!

大豆ミートの美味しい食べ方と、豆腐の上手な使い方がわかってきました。

初めの頃は大豆ミートを水につけておいて、水を何回も替える作業で大豆味を殺していましたが、栄養価が犠牲になってしまうことに気が付きやめました

玄米があって美味しいあいちゃん農園の有機野菜があるのだから、あえて肉っぽい料理をメインにすることをやめて、野菜を押し出そうと考え出したら肉っぽい料理も美味しくなってきました。

思い出せないことを真剣に思い出そうとしている時は思い出せなくて、全く違うことをしているときに思い出すみたいな感じ。

寝ても覚めても脱肉レシピを考えていたけれど、考えるのをやめたらグッドアイデアが湧いて出てくるようになりました。

ポイントは玉ねぎでした。

ハンバーグの美味しさも玉ねぎがポイントだったことにも気が付きました。

大豆ミートを引き立てる最高のパートナーは玉ねぎです。

ある時は飴色になるまで炒めて、またある時は生のままミジン切りにして放り込んで蒸し焼きにする。

完全脱肉弁当

脱肉弁当のご紹介です。

蒸し根菜のマリネ

色とりどりのにんじんの甘さに感動できるメインディッシュです。

豆腐で作ったフェイクつくね

飴色になるまで炒めた玉ねぎのみじん切りに米粉、片栗粉、キヌア、麩、木綿豆腐を入れてしっかりこねたあと成形して焼きます。

最後に味醂と醤油の甘辛ダレで味付け。

フェイク鶏そぼろ玄米ご飯

大豆ミートのミンチ版と玉葱のみじん切りを炒め煮。

出汁、みりん、酒、醤油で味付けしたそぼろがけ玄米ごはんです。

すごい満足感で、お腹いっぱい。

春色弁当2種

一歩間違えたらゴールデンウイークがないという状況下で緊張感を持って仕事していました。

水曜日の深夜に出張から帰って資料作り。

特に日本語で書かれた50ページ以上の取説の技術翻訳が辛い。

ワードやPagesで書かれていればAI翻訳(最近のAI翻訳は優秀なのです)にかけてから確認作業で超時短なのに、今回の取説はVISIO(一応マイクロソフト)で書かれていて掃き出しがPDFしかできないダメダメ星人。

吐き出されたPDFもOCRに上手く掛からないということでマニュアル翻訳。

泣きそうでした。

それでも留守にして迷惑かけたから木金と頑張って弁当作りました。

木曜日は娘が大学院に、今日は妻の最後の福祉会館(公費でのリハビリは2年までと決まっているそうで、とりあえず卒業)なので似たような弁当ですが気合を入れました。

春の宝石箱弁当

随分とワンパターンになってきましたが、やはり春野菜はうまし。

チンして手作りかんたん酢もワンパターンなので今日はフライパングリルでチーズ焼き。

サクッとグリルしたら塩胡椒とチーズ(パルミジャーノも)。

すぐに火を止めて蓋をします。

チーズが溶けていい感じになる間に出汁巻を作ります。

いい感じにとろけましたよー。

ビーツがナスに侵食しています。

悪女といったところですね。

焼き上げた鳥もも肉の塩焼とともに宝石箱風に。

下に敷くご飯は軽い酢飯にしました。

チキン味噌焼き弁当

こちらは昨日の弁当です。

せっかく仕込んでおいた味玉を盛り付けるのを忘れて、後から取ってつけたような仕上がり。

2食続けてご覧ください🙃

アスパラの春色弁当と春の豚丼弁当

アスパラの春色弁当

昨日八百屋さんで美味しそうなアスパラを見かけました。

今日の弁当の主役はアスパラに決まり。

メニューは以下の通りです。

まずは皮を削ぎ落として水につけて一晩置きます。

出汁が出るんです。

この水と皮を鍋に入れて海塩を加えます。

鍋を火にかけて人肌以上に温まったらアスパラを入れます。

沸騰したら1分でザルに開けます。

フライパンにオリーブオイルを敷いてアスパラを軽くソテーします。

軽く炒まったらすりおろしたパルミジャーノリッジャーノチーズをたっぷりかけます。

チーズが溶けて絡めたら出来上がり。

今日の弁当はアスパラが主役なので、出汁巻も塩鮭も脇役です。

春色をお楽しみください。

春の豚丼

ただの豚丼弁当を美しく変えるため、春野菜をふんだんに使って卵とじ風に仕上げました。

春のいなり寿司弁当

怒涛の出荷ラッシュ

ご無沙汰しております。

パッチングワーカーです。

コロナで足止めされていた海外向け生産機械達の出荷ラッシュです。

中国へ行く船も、インドネシアへ行く船もタイへ行く船も確保が難しく、針の穴に糸を通すようなアレンジが続いています。

ブログを書く時間は資料作りに当てられ、料理をする時間は取説などの翻訳に回るなどの異常事態宣言です。

長くは続かないと思いますが、コロナ不況を回避するために各国政府がばら撒いているお金が、先端技術や公共工事に回るのは仕方のないこと。

これらのお金がお金持ちに渡って、債券市場が活況を呈しているのは疑問ですが、先端技術を加速させるという意味でお手伝いできれば本望というもの。

鮨詰めスケジュールで発生するトラブルも愉しむくらいの余裕が欲しいものです。

ないですけど🙃

いなり寿司

さて、今日のお弁当は家内の分だけ。

冷蔵庫を見渡すと2枚お揚げがありまして、昨日洗った米は玄米を切らしてしまったために白米。

手作り寿司酢はしっかり残っていて、だし汁もある。

揚げを2等分して合計4枚にして、珈琲用に沸かしたお湯でひとまず湯通し。

もちろん珈琲用のお湯は沸かし直し。

だし汁、みりん、醤油、蜂蜜で煮汁を作り4枚の揚げを投入。

焦がしたらおしまいで、煮詰めないと美味しそうな照りが出ない。

真剣勝負です。

なんちゃって、見てるだけ。

目を離せないだけ。

炊き上げったご飯に寿司酢を少し多めに入れて、酢飯が濃い味の揚げに負けないようにします。

少しのシャリなので酢合わせはボールでOK。

錦糸卵を作って冷ます。

煮上がった揚げを冷ます。

合わせたシャリを冷ます。

付け合わせの蒸し野菜を手作りかんたん酢に浸して冷ます。

その間にコーヒーブレイク。

今日は少し贅沢にコロンビアブレンド。

浅煎りなので、90℃で入れます。

写真撮ってないので深煎りの時の使い回し写真。

イメージ写真です!!🙃

いなり寿司は冷ます時間を除けば10分くらいで出来てしまいます。

食べる時は結構楽しみなので、ぜひお試しください。

写真のいなりの真ん中の赤と黄色の茎みたいなやつ、スイスチャードです。

美しく盛り付けようとして失敗しました。

ダサい盛り付けになってしまった。

お許しくダサイ。

寒つ。

春野菜のお弁当と深煎り珈琲

旬野菜

春らしくなってきました。

4時台に起きて窓を開けても、寒さを感じなくなりましたね。

吉野ヶ里あいちゃん農園から届く野菜も、春真っ盛りの美味しくて栄養豊富で美しいものが多くなってきました。

美味しい野菜には美味しいお塩とオリーブオイル、ほんの少しのかんたん酢があれば十分です。

手作りかんたん酢
酢(米酢かワインビネガー)  大さじ4 
出汁             大さじ4
蜂蜜             大さじ2
塩(海塩推奨)        小さじ1

全て混ぜてから600Wレンチン1分くらいでOK

今日は妻と娘のお弁当を作りました。

野菜の美しさを茶色で邪魔したくなかったので、メインは鳥もも肉の塩焼きにしました。

手作りかんたん酢用に出汁をとったので、これを使って出汁巻卵も作りました。

メニューはこんな感じ。

嬉しそうに食べる姿を想像して

『行ってらっしゃーい』

深煎り珈琲

私は深煎り珈琲をあまり好んでこなかったのですが、最近になって淹れ方が間違っていたことに気付いてから飲むようになりました。

珈琲をよくご存知の方にとっては当たり前の事なのですが、今までこの大切な工程を怠ってきたのでした。

それはお湯の温度。

浅煎りの珈琲は90℃程度のお湯で淹れると個性が引き立って美味しく入れる事ができます。

沸騰したお湯を珈琲用のドリップポットに移すと、大体95度くらいまで下がります。

ドリップポットの細い注ぎ口からゆっくりと注いでいけば最適温度で淹れる事ができます。

私は横着して、深煎りの豆も同じように淹れていました。

雑味が抽出されて、私にとっては苦手な珈琲でした。

ある日、沸騰したことを忘れて作業してしまい、温度が下がったお湯で深煎りを淹れたのです。

マイルドでとても美味しい!!

深い苦味は生きているのですが、雑味がないのでバランスが素晴らしいのです。

それからは、熱湯をドリップポットに移してから、ドリップポットごと水浴びをさせるようにしました。

時間は数回の実験の元に決めました。

こんな感じです。

深煎り珈琲ってスターバックスをはじめとしたシアトル系コーヒーが流行り出してから出回るようになりましたよね。

コーヒーにとってはかなりのストレスがかかるようで、浅煎りの豆を挽いた時には起こらない問題が発生します。

コーンミル(石臼式)で挽くと、静電気が発生します。

浅煎りの時は絶対に起こらない現象。

白菜なんかも雪の中に埋めてストレスを与えると甘くなるって言う反面、牛肉なんてなるべくストレスを与えないように丁寧に育てるって言いますよね。

自分が鶏舎の鶏や牧場の牛になるのだったら、絶対にストレスを受けたくないです。

残念ですが珈琲に関しての結論は先送りです。

24gの珈琲豆を使って300gの珈琲を入れます。

大盛りです。

美味しく出来上がりました。

それでも弁当を作ります

叔父の死

物心ついた頃から身近にいたお兄さんの様な存在。

スポーツ万能で軟式庭球の県チャンピオン。

当時は高価で憧れの的だった時計の会社に入って、小学生だった私に自動巻腕時計をプレゼントしてくれた。

当時流行していたボウリングに連れて行ってくれたり、ゲームセンター(テレビゲームは無い時代)に連れて行ってくれたりした。

博多で結婚式を挙げたときには、わざわざ足を運んでくれて、素敵なスピーチも頂いた。

娘が二人いて、私との関係は従姉妹なのだが歳が大きく離れている。

そんな感じの叔父が1年3ヶ月の闘病の末、22日に肺癌で亡くなりました。

勉強も、就職も、結婚も、子供を持つことも、常に先を行って手本として示してくれていた叔父でしたし、妻の病気のことも本当に心配してくれていました。

強い人なので、あちらの世界では肉体的な拘束が外れてバリバリ頑張ることでしょう。

たった半年前に先立った叔母(叔父の姉)がしっかりとサポートしてくれることだと思います。

コロナ禍もあって昨日葬儀が終わりました。

安堵もありますが、疲れが一気に襲ってきて昨晩は早く寝ました。

死というものに向き合ってこなかった私は、妻が生死を彷徨ったときに心が壊れるほど動揺しました。

それから大切な友人の死などでぽっかり空いた心を埋めるために、死というものを私なりに理解しようとしました。

理系なもので、どうしても納得したいという気持ちがあったのです。

考え方は皆様違いますから深くは書きません。

私が救われたのが、東京大学医学部教授でいらした矢作直樹さんの考え方。

そして矢作さんの著書で知ったアニータムアジャーニさんの存在です。

ご興味がおありでしたらググってみてください。

そんなわけで私の中では向こうの世界が存在するので、心から冥福をお祈りできるのです。

でも、近くで相談できない空虚感と申しますか、心でしか話せなくなったもどかしさは、時間をかけて行くしかありません。

妻の痛み

相変わらず妻の痛みは強いのです。

今は波動に焦点を当ててトライ中です。

とあるブロガー様が教えてくれた光療法のパッチがスタートでした。

貼ると痛みが増しました。

これはいかん!

そう思いましたが、痛みに作用しているということは、この波動が何か影響するに違いないというわけです。

コウケントーをご存知でしょうか?

光療法の治療器です。

こいつが色々な波長の光を作り出せる優れもの。

でも、側から見たら怪しいの一言。

知っていたのですが遠目で見ていました。

光の波動が何か影響しているなら、どの波長が痛みに効くのかを探ればいい!!

というわけで手に入れました。

ある波長では悪くなる。

アイスパッチと同じです。

でも、別のある波長は当てている時は少し良くなる。

そんなわけで、今はより良い波長を探す努力をしているところです。

もう一つ。

よく考えると、石垣島で砂浜に長時間いた時はとても調子が良かった。

東京でも、公園に行って裸足になって地面に立っていると良いらしい。

足に私の手を置いていると痛みが和らぐ。

波動を入れるという発想はコウケントー。

痛みの波動を吸収できるのでは?

って考えました。

ただいま模索中。

怪しい発明家みたいになってきました🙃

弁当

こんな文章も書けなくなるような時でも、お弁当は作らなければならないんです。

コンビニ弁当はできるだけ食べさせたくないし、食べたくないから。

手抜きで申し訳ありませんが、先週の弁当写真館です。

写真2種類しか撮ってなかったです。

ごめんなさい。

2日連続想定外弁当

金曜日はテレワークです。

娘も遠隔で大丈夫な日で在宅予定。

妻は痛みが辛くて休もうと、木曜日の夜に決めていた。

朝食も弁当の準備もしていない無防備な状態で金曜日の朝を迎えました。

朝起きる時に妻が

『少し調子が良くなってきたから、会館に行こうかな』

そう言い出しました。

行けてしまえば、楽しいので最後まで走り通せる。

私自身起きるのは早いので大した問題ではありませんが、玄米を準備していない。

白米で美味しいお弁当?

そうだ!!

牛丼弁当 

  • 牛細切れ
  • 味醂
  • 玉ねぎ
  • 牛蒡
  • 蜂蜜
  • 鰹節
  • 醤油
  • 赤ワイン

全て揃っている。

出汁を取って、

酒とワインと味醂のアルコールを飛ばし

醤油と蜂蜜とアルコールを飛ばしたものを合わせ、

牛蒡と玉ねぎを煮て味を見て、醤油を入れる。

牛細切れ肉を入れて煮詰める直前まで煮込みます。

並行して

取った出汁に味醂、薄口醤油、蜂蜜を入れて

卵4個を溶いたものと混ぜ合わせて、

いつものように出汁巻き卵を作ります。

色合い調整にトマトと小ネギを散らして出来上がり。

妻お手製の、開くとランチョンマットになる弁当手提げに入れて、

お揃いに作ったカバンに入れて

いってらっしゃ〜い!!

パスタ弁当?

イラスト by Ms. Amanda Elizabeth via Pixabay

今朝は娘が急遽研究室に行くことに。

今朝も玄米は準備していない。

コンビニで買うから良いと言うけれど、

昨晩作った『豚バラと茄子の味噌炒め』

に合わせたソースが余っていたな!!

年末に作り置きしていたジェノベーゼソースもあるし、

パスタを固茹でして(チンしたら少しマシになるやつ)

2色パスタ弁当!!!

花椒香るコク味噌パスタと

ジェノベーゼ

色合いを揃えるための

紅芯大根と山芋、そして茄子

ゆで卵を添えれば

結構綺麗!!!

娘の朝ごはんも弁当作った残り物。

遠目に見るとオシャレに見えませんか?

野菜をくり抜いた残りの部分と、パスタ。

取った出汁にパルミジャーノリッジャーノをすりおろして入れて、少々の塩と小ネギを浮かべて和風コンソメ仕立て!!

箸の向きがおかしい?

我が家は全員左利き🙃

ぜひ読んでいってください👇

ロデヴ Rodev 

妻は今朝から、明日食べるロデヴを仕込んでおります。

天然酵母がようやく育ってきたので、先ずは加水率の高いロデヴを作ることになりました。

うまく行くかな?

下の写真は、ピザ屋さんをやっている時に石窯で焼いていたロデヴ (左はカンパーニュ)です。

明日食べられるか?

大失敗するか?

お腹すいたなー。

ピザ店をやっている時に出していたロデヴです

The remaining ingredients for the New Year are gorgeous

I cooked sushi at my parents’ house this New Year.

I made salad Scattered Sushi with the remaining ingredients.

I missed a normal meal, so breakfast was vegetable porridge with scallops.

Of course, the scallops are one of the remaining ingredients.

gorgeous!!

I made brown rice porridge by combining the stocked sea bream soup stock with kelp soup stock and kelp soup stock.

vegetable porridge with scallops.

Dinner was Scattered Sushi and sake.

ingredients are as follows.

  • remained vinegar rice
  • Seaweed
  • Shredded yam 
  • Shredded lettuce
  • scallop
  • deep-water shrimp (sweet shrimp)
  • salmon
  • amberjack
  • salmon roe
  • tomato

I get yelled at by God because such a luxurious Scattered Sushi by the remaining ingredients.

With gratitude, we had them with the remaining sake.

Picture Scattered Sushi is for 4 persons.

An amateur cooked sushi on new year〜Please watch video

A happy new year!!

I am Patching worker from Japan.

I’ve lived a turbulent life full of seams, so I imagined the name from patchwork.

When I saw my parents who had become weak recently, I felt regret that I wouldn’t have a family around New Year’s Day.

So I gathered together because of the short travel distance.

I think there are pros and cons now because of Covid situations becoming bad, but I don’t want to regret it, so I decided to do it under all possible measures.

Making of Sushi

I woke up early in the morning and prepared vinegar rice.

Ratio of rice vinegar 180cc, mineral salt 50g, honey 60g.

Commercially available sushi vinegar contains a large amount of sugar, so I prepare house made sushi vinegar.

A little over 2 tablespoons for 1 cup of rice (Amount before cooking)

I put the rice in a styrofoam case in order to carry it to my parents’ house.

Let’s make grilled mackerel sushi.

Setting the cooked mackerel and put it in a wooden sushi mold.

Make sure to remove the bones perfectly.

Finely chop homemade pickles, chopped Japanese ginger, and spread small onions evenly.

It’s for creating the texture enjoyable and other purpose to neutralize the fat of mackerel.

Put sushi rice. Then press.

Please enjoy today’s sushi material photo studio and videos of sushi serving and sushi. ..

salmon roe
sea urchin
Snow crab
flat fish
House made boiled conger eel (Teriyaki taste)

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑