弁当と引っ越し

引っ越しの荷造りをコツコツ進めていたら、思わずアルバムに見入ってしまいました。

一眼レフ(もちろん銀塩)で撮った会心のショットが出てきました。

イタリアはシチリア島の北東部にあるエオリア諸島にあるパナレア島。

以前、このパナレア等について書いた記事があります。

その時娘が大怪我をして大変だった事を書いています。

この写真はその数日後に島内を散歩した時のシーン。

よく見ると娘の右目の横あたりに大きなガーゼが見えます。

今でもうっすらと傷は残っています。

彼らも26歳と24歳です。

Time flies!!

光陰矢の如し。

引っ越しの荷造りの時くらいしか歴史をじっくりと見ないものなんですよね。

メディアの移り変わりがユーザーから見ると本当に最低!!

フィルム写真がデジカメに。

8ミリフィルムからVHS-Cや8mmビデオテープに変わって、そのあとDVCが来て気が付けばSDカードですからね。

せっかく残した思い出を見る機材がないなんてよくある事です。

データ移行がビジネスになるなんて許せないですよ。

私が作っていたカセットテープもVHSカセットも見る影もありません。

久しぶりのお弁当ショット

お弁当は相変わらず作っているのですが、娘用が必要なくなって寂しい限り。

今日は久しぶりに写真を撮ってみました。

大意はありません。

出汁巻卵と鳥もも肉の柚子胡椒風味塩焼き、温野菜のマリネです。

そろそろお弁当作りも終わりかなー?

転換期、引越

大変ご無沙汰しております。パッチングワーカーです。

人生の波と言いますか、大きな波が来ようとしている予感です。

昨年終わり頃から動きが始まりました。

仕事面、家内の病気、生活面等々、心配事はたくさんあるのですが、全てが動き出しています。

一番大きいのは自分達が希望に満ちて建てた家に帰ることです。

マイホーム

今だったら持ち家なんて要らないって言えるのですが…..

ヨーロッパでそれなりに広くて快適な環境で10年も暮らしていました。

帰国した途端日本の家の現実を突きつけられてしまいました。

そんなわけで、20年程前に家内と夢を見ながら横浜に土地を買って家を建てました。

当時は条件を満たす建売物件は皆無でした。

住宅展示場を周って徹底的に検討しました。

ヨーロッパの寒い土地で10年暮らして感じていた日本家屋の問題

  • 冬は寒くて夏は暑い
  • 部屋が多い方が良いとされて解放感がない(多分暖房効率)
  • 殆ど本来の目的として使われない客間が邪魔
  • 居間が狭い
  • オシャレじゃない(個人のイメージ)

みたいな感じ。

今はだいぶ改善されてきましたが、当時これらの願いを叶えてくれるハウスメーカーは少ない印象でした。

スウェーデンハウス、三菱地所ホーム、東急ホームズなど。

当時は珍しかった高機密高断熱で全館空調を備えた住宅こそが、ヨーロッパで体験した寒くない家(ルクセンブルクは夏は暑くなかったので冷房設備は不要でした)に匹敵すると確信していました。

広くて開放感のあるリビングを実現するためには、空調効率を犠牲にしなくてはいけない。

そんな常識を高機密高断熱住宅が変えてくれていました。

今では当たり前なのに。

そして大切なのはデザイン性。

コストパフォーマンスを考えて、結局東急ホームズ(当時は東急ホーム)を選びました。

ツーバイフォー工法の輸入住宅です。

引越しの準備をしていて、当時のカタログを見つけました。

今でも通用するデザイン性。

でもテレビがブラウン管だったり、よく見ると時代を感じます。

家を建てて7年で仕事の転機が訪れてアメリカに移住しました。

その家を人様に貸し出しをして移った訳です。

帰国したらまたここに住む!!

そう思ってアメリカに向かいました。

すごく嬉しい

アメリカで家内が倒れて半身麻痺になりました。

横浜の家ではなく家内の実家がある九州に帰りました。

両親が近くにいる環境でリハビリをしようと思ったからです。

建っている土地は南ひな壇と言って日当たり良好な丘の中腹。

わざわざこの環境を狙って探したのですが、家内にとっては歩くのが大変という逆効果になってしましました。

仕事の関係で東京に来た時は、職場の近くの中野区のマンションを借りました。

バリアフリーの建物で、比較的平らな地形です。

仕事に大きな転機が訪れているのもありますが、東京23区で静寂な環境にあぐらをかいてもいました。

私が借りているマンションのオーナーは海外駐在者です。

私が留守の時に家を貸していたのと同じ。

管理会社も偶然同じで、貸している連絡も借りている連絡も同じ会社とやりとりしていました。

2023年の2月までの契約で、漠然とその後のことを考え始めていました。

今年の2月に入ったある日突然、この管理会社から電話がありました。

オーナーが3月に帰国することになったので、出る予定があったら教えて欲しいと。

もちろん契約期間は借主が守られるし、オーナーも早く自分の家に住めればいいな、くらいの気持ち。

時を同じくして私の家の借主が、持ち家を手に入れて退去したいとの連絡が。

即決しました。

でも一つ問題が…、4月末までインドネシア出張で家を開けることになっているのです。

そんなこんなで、4月末に引っ越しですが箱詰めは既に始めているというイレギュラー。

家族4人がゆったり住める大きな家(床面積は今のマンションの2倍あります)なのですが、長男は既に自立しているし、長女は4月から新入社員です。

長女は私の両親が経営するアパートに住むことになっています。

両親を見守ってもらう意味もあり、本社のある池袋に乗り換えなしで行けるメリットもありなのです。

家内と二人きりになるのです。

広い家に年寄りが二人で暮らすのです。

ヨーロッパから帰って、夢と希望に満ちて家内と二人でデザインした家に戻る日が来るとは思ってもみませんでした。

アメリカで高額な医療費を払って大変で、何回か家を売ることを考えたりもしたんです。

なんとか手元にあって、こんな偶然が重なって(多分神様の筋書き通り)帰れるのですから、感謝しかありません。

仕事が忙しいけれど、大きなウッドデッキを作って(当時も作ったのですが、さすがに手入れしなかったので腐っています)座布団敷いて家内と二人で七輪バーベキューをしたいと思っています。

新しい生活をご報告できると良いなあと思っております。

内容無いですが、仕事の合間に近況をお知らせしたくて書きました。

続・創作意欲

皆様こんにちは、パッチングワーカーです。

憂鬱な確定申告もなんとか終わらせることができました。

皆様はいかがですか?

さっさとやってしまう派ですか?

ギリギリまで重い腰が上がらない派ですか?

何はともあれ納税は義務ですから、やるしかないです。

やっと解放された(仕事からは解放されていませんが…)ので、溜め込んだブログを少しずつご紹介させていただきます。

今日はとっくに完成していた妻の作品をご紹介します。

ゴソゴソとパッチワークを始めたと思ったらバッグになりました。

もちろん片手作品で誰も手伝っておりません。

ってか、手伝える腕を持っておりません…あしからず。

文章はここまでにして、ぜひご覧いただきたいです。

片手が不自由な家内目線から使いやすいバッグを作ったのだそうです。

障がい者=地味、お年寄り=地味

こんなイメージは勝手に作られたものですから、ヨーロッパみたいに皆がおしゃれできるといいですよね。

自己満足のお披露目でした😄

絶望から12年が経ちました

2月15日は家内の誕生日でした。

仕事に追われてすぐにアップできず、今になってしまいました。

バレンタインデーの翌日なので忘れないのですが、我が家にとっては歴史みたいなものです。

12年前の1月17日にアメリカのオハイオ州で家内が倒れました。

重度の脳出血でした。

地元の病院では対処できず全米トップ100に数えられる病院に転送されましたが、意識不明になり4日間生死を彷徨いました。

初日は家族用の宿泊施設に空きがなく、ICUで付き添うことも許されず近隣のホテルで長男、長女と共に不安な夜を過ごしました。

大きな部屋でしたが、3人とも不安で同じベットで過ごしました。

翌日からは病院に併設させている宿舎に空きが出て移りました。

隣はヘリポートで次々と患者が運ばれてきて眠れませんでした。

宿舎から病室(ICU)に行く途中に教会があり、たくさんの家族が祈りを捧げていました。

また、教会を過ぎると玄関先に常に10台近い救急車が停まっていて、次々と患者が搬送されていました。

覚悟をする余裕さえなく、昼は簡易人工呼吸器(切開しないタイプ)に繋がれている家内に寄り添い、時間ギリギリまでICUにいて救急車の大群や教会で祈りを捧げる患者の家族を見て部屋に帰るだけでした。

意識が戻るまで4日間でしたが、それはそれは長く感じていました。

第二の人生12歳

右半身が完全に麻痺し、嚥下障害で水を飲むと咳き込み、失語症で言葉を完全に失った状態で病院を移ってすぐに誕生日を迎えました。

病院の職員や看護師達で家内の誕生日を祝ってくれたんです。

絶望の中の一瞬の明るい話題というか希望というか。

その頃撮った写真をPCに保存していたのですが、悲しいことにハードディスクがクラッシュしてデータも取り出せずに消え去ってしまいましたので、思い出の写真(消し去りたい部分でもありますが)が残っていないのです。

クラウドも無い時代でした。

この辺りのエピソードはは過去に詳しく触れましたので今日はここまで。

家内は生まれ変わって12歳になりました。

温泉にも行くし、少しだけですがお酒も飲むし、ゆっくりですが歩くこともできている。

作品を作る喜びも持っているし、何より家が買えるほどの医療費で家計が大ピンチになったのに、今はしっかりと暮らせている。

感謝しかありません。

家内も四捨五入すれば60歳です😄

もう少し生きて人生を楽しもうと思っております。

同じ日に、神経再生を研究していた娘の修士論文が通って卒業が確定しましたので、少しだけ良いワインを開けて祝いました。

絶望のどん底にいる方も多いと思いますが、生きていれば本当に楽しいことがありますよ。

何よりお金払わなくても苦労できて、経験者として親身になって人助けもできるようになれる。

人の痛みが心の底から理解できるようになるのですから悪いことばかりではありません。

私も何回も変なことを考えたりしましたけれど、生きててよかった!!!

神様の書かれたシナリオを一緒に楽しみましょうね。

感動的なエピローグが待っているかもしれませんよ。

伊豆修善寺温泉

皆様こんにちは。

パッチングワーカーです。

伊豆マリオットホテル修善寺に行ってきました。

オフィシャルホームページから

自慢話みたいになってますけど、家族慰安が出来たということでお許しください。

ホテルやレストランの紹介記事は専門にやられている方がいらっしゃるので、私はただ楽しかった事と美味しかったことを書くだけです。

内容はないです。

ただのドキュメンタリー…日記です。

昨年末の隔離明けに予約していたのですが、日本での隔離期間短縮措置の撤廃で泣く泣くキャンセル。

正月明けすぐに予約するも、インドネシアの隔離が延長になってしまい出発が早まってまたもキャンセル。

そんな訳で3度目の正直旅でございます。

こんな時期に旅行かよ💢

なんて言われるのは覚悟の上で、万全の体制で参りました。

オミクロンに万全の体制は存在しませんし、東京都民100人に1人が隔離中という現実ですから近所に買い物に出るだけでリスクな訳で、かかっても死なないコロナは私たちが恐れていたコロナとは別物だと言い聞かせてもいる訳です。

ソーシャルディスタンス、マスク、手指消毒の徹底、公共交通機関の不使用等、基本を忠実に守ります。

10月の時は私たちの結婚記念日の部屋番号(もちろん偶然)

今回は娘の彼氏の誕生日の部屋番号でした🙃

蕎麦旨し

今回も家内と娘への慰安旅行ですから、希望通り美味しいものを食べまくります。

旅行中は脱小麦ではなく減小麦ポリシー❗️

お蕎麦は10割でなく二八蕎麦が好き。

天ぷらは私だけ。

家内はトロロ、娘は鴨セイロ。

出汁の醤油に使われている小麦と、蕎麦のつなぎに使われている小麦は、今回の旅に限って無視します。

熱海の多賀さんに行ってきました。

11時半に着いたのですが列が出来ていました。

日曜日で人気店ですからね、想定内。

量は少なめでこの写真の蕎麦は2枚分です。

付け出汁はキリッとしたタイプ。

全員満足でした。

私は穴子天ぷらセイロ
この透明感と喉越し、甘い香りがたまりません

ホテル温泉ならではの

温泉と言えば浴衣を着て刺身や天ぷらを味わう。

これも魅力。

マリオットのそれはちょっと違って、浴衣禁止のレストラン。

洋食中心の、ワインが合うメニューで構成されています。

セミビュッフェもあるけれど、障害を持った人にとってはビュッフェは重労働ですから迷わずアラカルトを選択。

アルザスのリースリングをメインにジャンキーなフードをシェアします。

でも、よーく見てくださいね。

減小麦ポリシー生きてます😃

炭水化物を控えていたらNGばかりですけどね。

伊豆のリースリングというやつもグラスで試飲させていただきましたが、アルザスのリースリングやドイツのリースリングには遠く及びません…頑張ってください、楽しみにしています。

リースリングってグラスに注いだ瞬間の香りが華やかなんです。

ピチピチしてる感じ。

伊豆のそれにはがありませんでした。

これらのジャンキーフードとアルザスのリースリングは完璧な相性でした。

ホテルからプレゼントしていただいたチーズプレートに乗っていたゴルゴンゾーラもこのリースリングと完璧なマリアージュでした。

娘はデザートまでペロリ。

家内と私はお腹いっぱいすぎてコーヒーさえ入らない始末。

いい歳して食い意地が張ってます🙃

クレメブリュレ

家内の痛みにピッタリの修善寺温泉入り放題と美味しい体験で幸せモード満載でした。

部屋に備え付けられた露天風呂も幸せです。

家内の朝ごはんも脱小麦モードです。

意外と出来てしまうのです。

ウナギ

昨年10月にマリオット修善寺に泊まった翌日に立ち寄った東伊豆町のうな瀬の鰻丼が美味かったようで、今回も再訪してきました。

宣伝じゃありませんからご安心ください。

クリックしても何も起こりません。

私は前回同様海鮮丼!!

ここのお刺身を食べてしまうと、しばらくの間チェーン店の海鮮丼は食べられなくなります。

私は鰻より海鮮派です。

女性群は二人共うなぎを一匹贅沢に使った鰻丼をペロリ!!

私が食した海鮮丼
大きな鰻丼

運転疲れたけど仕事が残ってるんだよなー。

頑張ります。

つまらない自慢話にお付き合いいただきありがとうございました。

創作意欲

皆様お久しぶりです。

パッチングワーカーです。

2度目の自主隔離中の身でありますが、10日間の隔離が7日に減免されましてあと3日で自由になります。

前回の自主隔離の時は気にしていませんでしたが、隔離アプリにしっかり書いてある。

「(やむを得ず)外出するときは公共交通機関は使わないでください」

だそうです。

コンビニにも寄らないし、人とも接することがない散歩なら良いでしょう!!

ってなわけで、間違っても人と会話するとか近くですれ違う事が無いように注意して早朝散歩で健康管理です。

寒いけれど気持ちが良いボッチ散歩なのです。

こんな感じで美しい景色を楽しんでおります

あとは料理を作ることですかね、楽しみは。

出張中はホテル飯か外食ですから、料理好きには辛いのです。

サクッと牡蠣のパスタ(緑豆のパスタを使ってノー小麦ですよ)

牡蠣出汁満載のスープパスタ

寿司を握ったりとかね。

豊洲市場ドットコムからのお取り寄せネタです

焙煎したてのコーヒーを淹れて新鮮な膨らみに感動したりもしております。

新鮮の極みでしょ

創作意欲

家内が福祉会館でプチ展示をやらせていただいた話を書きましたが、それなりに売れた。

場所柄人なんて滅多に来ないのに、それなりに売れた。

本人は創作意欲は湧き湧きです!!

無くなってしまったがま口の制作や

パッチワークで洋梨の何かを作り始めております。

結構でかい!!

取り止めもなく内容のないブログでごめんなさい。

何気ない隔離生活を切り取ってみました。

そうだ!!どこかの作品展を探してみよう!!

家内のプチ作品展

お久しぶりです。

パッチングワーカーです。

隔離が開けてインドネシアで仕事をしています。

今日はインドネシア情報ではなく、オミクロン情報でもありません。

家内の作品が中野区の生涯福祉センターの1階ロビーに展示されているお話です。

【片手でできるもん】シリーズ〜即興命名でした

何回も話題にしているので諄いかもしれませんが、家内が左手だけで作り上げた作品達です。

絶対に手伝わせない正真正銘の片手作品です。

最近は革細工にハマっておりまして、私へのプレゼントも作ってくれました。

既に福祉会館には任意で通っているのですが、素敵なお話をいただいて二つ返事でOKしたようです。

やりがいにつながりますよね。

お世辞でも褒めてもらえると嬉しいものです。

両手を使っても私には作れません。

ヨーロッパに住み始めた時の家内の猛烈なフランス語の勉強のように、みるみる上達してゆく姿を見るのがとても楽しみです。

ほんとすごいでしょ😃

いつもアホみたいな自慢に付き合わせてごめんなさい。

今日はここまでにします。

コメントいただけたら嬉しいです。

全て伝えます。

茶柱並みに嬉しい事

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

お正月早々コーヒーを淹れたら泡がハート型になって思わず写真を撮りました。

良い歳をしたおっさんが書く内容ではありませんが、何気に嬉しかったのでアップします。

茶柱の独り占めみたいにしないでお裾分けです。

酸味が生きている浅煎りのコーヒーはカリタウェーブで淹れると美味しいです。

個人の感想です。

ブルーボトルコーヒーで飲んだオータムブレンドが酸味がおいしく引立っていたので、ブルーボトルコーヒーのドリップ器具を真似したら美味しく入るようになりました。

ORIGAMIというドリッパーにハリオV60の濾紙を使っても同じように美味しいと思います。

スタバのように超深煎りの珈琲も美味しいのですが、個人的には選りすぐりの豆をシナモンくらいでローストした酸味が立ったものが好みです。

お湯の温度や豆の挽き方、豆の炒り方、ドリッパーの違いで様々な顔を見せてくれるコーヒーに夢中です。

また隔離中です

年末に隔離を終えたのに、またインドネシアで隔離中です。

今回は10日間です。

明日から7日に減免だそうですが、私は10日間の隔離です。

日本に帰国したらまた14日間の自主隔離ですから

『なにやってんの?』

って言われても仕方ないです。

お買い上げ頂いた生産設備が出来上がって船に乗ってインドネシアに到着している。

コロナがなければ普通に技術者がやってきて立ち上げて、次のお客さまには違うメンバーがやってきて立ち上げて…。

そんな流れなのですが(数億円から数十億円の機械です)、

❶ コロナで長きにわたって足止めをくっていたので、マーケットが開いた瞬間に蛇口が開いて人が足りない

❷ 隔離があるので、コロナ無しの時の3倍時間がかかる

❸ 1つのワーキングビザで2社分の仕事が許されていない

特に❸は問題で、以前はシンガポール等に一旦出国して別のビザで再入国して作業する流れでしたが、今は避難先でも隔離、戻っても隔離というわけで、日本に帰らざるを得ない。

遠隔技術を駆使して立ち上げをおこなっているのですが、100%遠隔ではできないのがリアルマシンの泣きどころなのです。

私の別の仕事であるLMS(大学等の教育機関向け学習支援システム)などは、打ち合わせから導入まで一貫して遠隔でできます。

ICTの凄さである訳ですが、今回の機械のようにリアルで必要なものもたくさん存在します。

全員がバーチャルで仕事をするわけにはいかないのです。

今回の機械は、紙おむつや生理用品には無くてなならないフィルムを作る設備です。

予定通りに稼働できなければ品不足に陥ってしまう。

良質な製品(オムツや生理用品を使用しても、漏れないのに蒸れない秘密のフィルムです)が安定供給されないと、困ってしまう人がたくさん出てしまうのです。

そんな訳で、このご時世に隔離を繰り返す

『側から見たら病気を運んでくる非国民!!』

が存在するわけです。

こんな時期ですから、来たくて来ている人は誰もいません。

よく文句を言われる空港検疫に携わっている人だって、国民を守るために頑張っているのです。

絶対に日本に持ち込まない努力を重ねながら、頑張っている最前線がいることだけは知ってほしいです。

年末から正月にかけても遠隔立ち上げのサポートでパンパンでした。

ブログを書く心の余裕がありませんでした。

変な内容が今年最初の投稿になってしまってごめんなさい。

せめてコーヒーの素敵な香りを想像していただければ幸いです。

コロナ最終正月!!

でありますように。

隔離が終了しました

お久しぶりです。

パッチングワーカーです。

14日間の隔離が終わって、やっと自由の身になりました。

隔離中は時間を持て余してブログを描きまくれる、なんていう考えは甘かった。

インドネシアに置いてきた残件処理を遠隔で行うのですが、あちらの8時半即ち日本時間の10時半から大体日本時間の21時くらいまで繋ぎっぱなし。

インドネシアにいる間にちょい置きしていた仕事が爆速ブーメラン状態でやってきて、朝5時から仕事を始めて10時半からはライブでインドネシアのサポート、合間に色々なweb会議に入るという経験したことのないプレッシャーでした。

家族が近くにいるのに何もしてあげられないなんて。

あちらからすれば私は『暇を持て余している隔離おじさん』なわけですから、さっさとやってくれるだろうと思っているフシがある。

実務をアシスタントに丸投げして体制を構築する仕事に慣れきった私は、実務に追い回されてみて良い歳こいて自分の無能さに恐れ入ったのでした。

4番バッター1人だけいても試合には勝てない!

なんて言いますが、

9番ライトだけ守っていたダメな私でさえも、チームのありがたみを身に染みたのでした。

いのちの歌

みなさまこんにちは。

パッチングワーカーです。

大きな問題もなく帰国し、空港職員の方、保健関係者のご努力のおかげでスムーズな入国ができました。

あれだけリスクを抱えながら、スムーズに入国者を受け入れるために努力を重ねていらっしゃる姿を拝見して頭が下がる思いでした。

相手の気持ちになって行動できるのが日本人の美徳だと思っていますが、日本人でさえも時として自分の立場しか考えずに文句を言ってしまうことがあります。

1000キロ離れたホテルへの隔離に文句を言っている一部の報道は間違いか、マスコミの誘導だと思いたいです。

少なくとも私が帰国した際の成田空港内に、文句を言うような不届きものは一人も確認できませんでした。

他国と比べたらものすごくスムーズで、考えられたシステムでした。

大きなリスクやストレスの中で働くスタッフに敬意を表します。

彼らのおかげで、こんな時期に仕事で海外に渡る私のような非国民でさえも、国内でじっとしていらっしゃる方々に迷惑をかけずに安心して入国できました。

本当にありがとう。

ただいま自宅隔離中です。

後日、入国に際して詳しく書きたいと思っていますが、すでに出回っている情報と大きな違いはありません。

これから入国される方々も、今のところはご心配には及びません。

いのちの歌

実は、出国の少し前に突然この歌が私の頭に降りてきてずっと流れ続けていました。

それはインドネシアで仕事している最中も、ホテルで休んでいる時でも頭の中に流れていました。

2008年末にNHK連続テレビ小説「だんだん」の劇中歌として三倉茉奈さん、三倉佳奈さんのデュエットが歌った曲です。

私はこの時はアメリカに住んでいたので「だんだん」もこの歌も知りませんでした。

ただ、私の頭の中に流れ続けている「いのちの歌」は竹内まりやさんのそれです。

家内が竹内まりやさんが好きで、よくカラオケで歌っていました。

この曲が収録されているアルバム「TRAD」も我が家にあります。

なので何度も聞いたことはある。

でもなぜ今この曲が頭の中を流れ続けるのか?

理由は今でも良くわかりません。

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに

胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ

この星の片隅で めぐり会えた奇跡は

どんな宝石よりも たいせつな宝物

泣きたい日もある 絶望に嘆く日も

そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影

二人で歌えば 懐かしくよみがえる

ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり

本当にだいじなものは 隠れて見えない

ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

いつかは誰でも この星にさよならを

する時が来るけれど 命は継がれてゆく

生まれてきたこと 育ててもらえたこと

出会ったこと 笑ったこと

そのすべてにありがとう

この命にありがとう

Miyabi 作詞

本当に大事なものは隠れて見えない。

それに気がついた時には大事なものが旅立ってしまっていることもある。

私の場合は妻も両親も、子供たちも生きている。

感謝を伝えられるし、表現できる。

こんな幸せなことはないのです。

そのことに気がついてしまったから、

ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

今の日々は普通ではありません。

だからこそ尊敬や尊重、感謝が大切なんだと思います。

勘違いやエゴを捨てることができるチャンスなんだと思います。

華やかに見えるジャカルタの路地に一歩踏み入れると、

コロナの心配すらする余裕のない、

今日を生きるだけで精一杯の人たちが生きています。

路地裏は日本の昭和40年代前半の世界
ジャカルタの表の顔です

もっと貧しい国にはより沢山の人々が助けを必要としています。

ワクチンが行き渡らない人達が無数にいるのに、

ワクチン供給会社が史上最高益を計上する意味がわからない。

せめて自分は勘違いしないように生きてゆきたいと思わせてくれる。

Covid-19にも感謝なのです。

いつかは誰でも この星にさよならを
する時が来るけれど 命は継がれてゆく
生まれてきたこと 育ててもらえたこと
出会ったこと 笑ったこと
そのすべてにありがとう
この命にありがとう

人はいずれ死ぬ。

そして向こうの世界で再会する。

お金は人間が作り出したバーチャルなもの。

向こうの世界には持ってゆけない。

持って行けたとしても何の価値もない。

ならば独り占めはやめましょう。

出会って笑う。

分け与えて笑う。

分け与えられて笑う。

このWordpressの世界でも出会いがあって、

気づきがたくさんある。

出会ったこと、笑ったこと、

その全てに心からありがとうと思える。

歳とったなあ。

何回聴いても泣ける。

竹内まりやさん、

本当に素晴らしい詩を、

心からありがとう!!

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑